アトピーは大人に成長すれば治ることも多い

 

子供に多くみられるアトピー性皮膚炎、皮膚の異常な痒みやカサつきで親としてはすっごく心配するものの一つではないでしょうか?

 

そんなアトピーですが、子供が大人に成長するにつれて皮膚も強くなるため、思春期までに症状が出なくなる人もたくさんいるので希望があります。

 

もちろん中には成人期をすぎても症状が継続する人もいるのでけっして楽観視はできるものではありませんが、アトピー性皮膚炎をこれ以上悪化させない、ということが大切。

 

アトピー性皮膚炎の悪化因子は人によってそれぞれですが、一番影響するのは食べ物というデータもあります。

 

添加物の多いものなどはとくに避けた方が良いでしょう。添加物を一言でいうと、”人間の都合で自然界には存在しないものを作り上げたもの”

 

保存料や香料のようなものを指します。

 

私の知り合いにも、成人してもアトピーに苦しんでいた女性がいました。その女性はなるべく自然のもの(オーガニック野菜や無添加の加工品など)だけを食べるようにしたところ、随分と良くなり今ではすっかり症状も無くなったそうです。

 

また、衣服などもできるだけ、ナイロンなどの石油繊維が入ってない生地から作られたものを着ると緩和できるそうです。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴