アトピー性皮膚炎を悪化させる野菜

 

アトピー性皮膚炎・野菜アレルギー

野菜アレルギーではなくても、一部の野菜でアトピー性皮膚炎が発症するらしいので記載しておきます。

 

ごぼう・かぼちゃ・栗・キャベツ・ジャガイモ・サツマイモ・とうもろこしなどはアトピーを悪化させる場合があるそうです。赤ちゃんや小さなお子さんのいる家庭では、食物アレルギーには気をつけましょう。

 

また、野菜は化学肥料や、化学農薬を使っていない、
「有機栽培野菜」がアトピー・アレルギーに良いとされています。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

アトピーを悪化させるのは糖分!!

実は糖分こそがアトピーを悪化させる要因となっています。上記のアトピーを悪化させる野菜、良くみると糖質の多い野菜が多いのに気づきましたか?ですが、野菜に含まれる糖分なんてたかが知れたものですので、小児科の先生曰く、滅多に悪化はないとのこと。

 

アトピー症状のある子供のいる家庭で気をつけるべきものは「甘いお菓子」

 

甘いものでアトピー症状は悪くなる原因は、糖類が腸管内で発酵し、腸粘膜がタダレて傷ができてアレルゲンが体内へ侵入するため。そのほか、糖質の多い果物、ハチミツも同様です。

 

アトピー治療のための野菜&果実の摂り方

アトピーだからといって、避けてばかりでは好転しません。少しづつ野菜や果実を食べさせて馴れさせてやらないとアトピーは良くなりません。

 

生野菜や果物は酵素を多く含んでいます。いきなり大量の野菜などを食べてしまうと酵素が発酵を促しガスを発生させて、腸粘膜に傷をつくりアトピーを悪化させることとなるので、まずは少量の絞り汁を摂取して徐々に身体を慣らしていきます。

 

 

最初の生野菜の摂り方、絞り汁の作り方ですが、アレルゲンテストで陰性だった生野菜を3〜5種類ミキサーでジュースに。さらに布でこして、汁だけを飲みます。

 

初めは40mlくらい少量で様子見、症状がみられなければ、徐々に量を増やしていきます。