たまねぎの保存方法

 

たまねぎの保存方法ワンポイントアドバイス

たまねぎの下ごしらえ方法

国産有機無農薬アトピーアレルギー食品宅配

 

 

実際に利用したり、試したりして良かった順でランキングしてみました♪

安くて便利!野菜宅配・比較へ


和洋中、ほとんどの国、多くの料理で利用されているたまねぎ。料理の味は素材の味といっても過言ではないので鮮度を保つ保存方法は必要不可欠、しっかりとした保存を心がけましょう。

 

まず、たまねぎという野菜は、湿気やムレに弱いので、風通しの良い所や袋などにいれて保存します。日の当たらない所に吊るすのが理想です。

 

ただ、夏場は高温多湿となるので、たまねぎは傷みやすくなりますので冷蔵庫保存するのが良いでしょう。

 

春先に新たまねぎを売っていると思いますが、新玉葱は傷みやすいので早めに食べきった方が良いです。箱やかごで保管したい場合は、湿気を防ぐ為に、新聞紙に包むと良いでしょう。

 

使い切れなかった玉葱はラップに包んで冷蔵庫へ、数週間持ちます。ただ、みじん切りやスライスにした玉葱はもっても4日ぐらい、それ以上は水分がドンドン抜けていき、嫌な臭みが増して身がスカスカで旨みも逃げるのでさっさと食べてしまいましょう。

 

以上、玉葱の保存方法のコツでした。

 

・たまねぎの下ごしらえ方法

 

・たまねぎの保存方法

 

・たまねぎの冷凍保存方法

 

・新鮮で美味しいたまねぎの選び方

 

たまねぎの保存方法関連ページ

たまねぎの冷凍保存方法
料理は下ごしらえが大事。たまねぎの冷凍保存方法のコツ
新鮮で美味しいたまねぎの選び方
野菜は目利きが大事。新鮮で美味しいたまねぎの選び方のコツ。