減農薬野菜の安全性は無農薬野菜よりも上

安全性は有機減農薬野菜が一番高いとされている

野菜宅配比較ランキング

減農薬といえど、農薬を使っている以上は危険性をぬぐえないのでは?農薬と一口に言っても、科学農薬と有機農薬に分類されます。

 

科学農薬は、安価に大量生産するために、自然界にない化学物質の農薬。当然人体にも良くはありません、食の安全が問題視されたのは、この科学農薬の発がん性です。

 

一方、昔ながらの製法を元に、自然由来の材料だけで作った有機農薬というものもあります。

 

元々は自然界に溢れている物質なので、人体への影響もほとんどなく発がん性もありません。また、無農薬で育った野菜のように、野菜自体の毒性が強くなるようなことも無いので減農薬野菜は「子供も安全に食べることのできる野菜」として、少しづつ浸透してきています。

 

また、アレルゲンとなる科学物質を使っていない有機農薬&有機肥料での栽培はアトピーの人も安心して食べられるとして注目を浴びています。

 

野菜宅配、徹底比較!!

 

無農薬栽培は野菜自体の毒性が強くなる

食の安全性が見直される前は、野菜の形や見た目が悪ければ消費者に買ってもらえなかったため、化学肥料と農薬を使用しての栽培が当たり前でした。最近では農薬の危険性が広く認知されたため、有機野菜、減農薬野菜、無農薬野菜に人気が集まっています。

 

一見、無農薬野菜が安全に見えますが無農薬で育った野菜は、自ら害虫から身を守るために毒性を強めてしまいます。これは人体にも悪影響を及ぼしますので無農薬は安全とは言い切れません。

 

また、防虫ネットなどで、害虫を防ぐことが出来ない場合、農薬ではない薬剤を使うところもあります。これにより農薬では禁止されている毒物が野菜に混入する危険があります。 例えば、強毒性のあるニームオイル、発がん性物質が含まれる木酢液のに問題が指摘されています。

 

誤解がないように言いますが、無農薬野菜は毒だらけというわけではありません。科学農薬栽培に比べれば何倍も安全性が高いです。ですが、無農薬=安全、という安直な考え方はやめたほうが良いと言うことです。