牛乳アレルギー

 

牛乳アレルギー

牛乳のアレルギー反応により口唇、口腔内、咽喉のかゆみや腫れ。喘息、蕁麻疹、胃腸障害などの軽めの症状から、血圧低下、顔面蒼白、呼吸困難、意識混濁、アナフィラキシーショックなどを起こす場合もあり、命に関わるので注意が必要です。

 

食物アレルギーは耐性の弱い赤ちゃん〜9歳に多くありますが、そのうち8割の人は9歳ごろまでに耐性が出来て、アレルギーが改善されます。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

牛乳アレルギーの原因

牛乳には20種類以上のタンパク質が含まれており、その中でアレルギーを引起こしやすいのはカゼインやラクトグロブリンです。

 

肥満細胞のIgEと牛乳タンパクが抗原抗体反応を起こし、腸管の平滑筋収縮や血管透過性亢進が誘起される。アレルギー反応は幼少期に多くしかも重篤な症状となりますいため幼いころは、細心の注意が必要です。

 

 

 

 

 

その他、牛乳アレルギー関連コンテンツ

 

牛乳アレルギーとは

 

オススメのミルクは?

 

乳化剤は大丈夫?

 

乳酸菌は大丈夫?

 

ヤクルトは飲んでも大丈夫?

 

牛乳を加熱すれば飲んでも大丈夫?

 

牛肉は大丈夫?

 

脱脂粉乳は大丈夫?

 

ヨーグルトは食べて大丈夫?

 

乳糖は大丈夫

 

豆乳は飲めます

 

牛乳アレルギー治療

 

牛乳アレルギー症状