牛乳アレルギーでも乳酸菌は大丈夫?

 

牛乳アレルギー

牛乳アレルギー場合でも、乳酸菌は大丈夫?と疑問も多いようです。

 

(乳)が頭に付いているため、乳酸菌と牛乳は関係あるのではないかと、神経質に検索してくる人も多いようですが、乳酸菌は漬け物など発酵させる無害な菌で、これは牛乳は入っていません。

 

乳酸菌と言えばヨーグルト。発酵した牛乳はまったくの別物に成分が変わるので、コレ自体に牛乳アレルギーを引き起こすことはありません。しかし、微量でも牛乳のたんぱく質を含むので反応が出る人もいるようです。

 

ですが、牛乳よりもずっと軽い症状ですので、完全除去を目的としていなければ、ほとんどの人は食べても大丈夫のだそうです。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

症状が軽いなら、食べさせたほうが良い

食べ物を発酵させて乳酸を作り出す細菌の名前であり、これ自身、牛乳とは全くの無関係、牛乳アレルギーの抗体なども当然ありませんが、牛乳を原料に乳酸菌で発酵させたヨーグルト、チーズ、ヤクルトなどは、牛乳そのものに比べ、症状が軽いとはいえ、牛乳アレルギーの人は注意が必要です。

 

しかし、ちょっと症状が出る程度でしたら、食べさせたほうが良いという専門家の意見も多く、その理由には栄養バランスの偏りや食わず嫌い、飲まず嫌いの原因となるからです。

 

 

子供であれば、9歳を迎える頃にはアレルギー患者の8割以上が免疫ができて自然と治ります。

 

もう、アレルギーはとっくに治っているのに、「食べてくれない」、「飲んでくれない」、「食べさせようとしても拒否される」、などの原因となるかもしれません。

 

 

 

 

その他、牛乳アレルギー関連コンテンツ

 

牛乳アレルギーとは

 

オススメのミルクは?

 

乳化剤は大丈夫?

 

乳酸菌は大丈夫?

 

ヤクルトは飲んでも大丈夫?

 

牛乳を加熱すれば飲んでも大丈夫?

 

牛肉は大丈夫?

 

脱脂粉乳は大丈夫?

 

ヨーグルトは食べて大丈夫?

 

乳糖は大丈夫

 

豆乳は飲めます

 

牛乳アレルギー治療

 

牛乳アレルギー症状