牛乳アレルギー治療

 

牛乳アレルギー

牛乳アレルギーは生に近いほど抗原が強くなります。食パンやお菓子など、加熱しているものに比べるともっともアレルゲンが強力ですのでご注意を。

 

まずは食べさせる前にパッチテスト(調べたい食材を肌に直につける)をオススメします。それで赤くなったり、痒くなったらアレルギーです。

 

治療方法、改善策としては、アレルギー反応が軽くても、乳製品を食べないで、体内からアレルゲン除去した方がアトピー性皮膚炎は良くなります。ミルク育児をしている人は、可能な限り母乳育児に変更しましょう。

 

この時、お母さんも乳製品を一切摂らず(母乳にアレルゲンが混じるため)、牛乳を飲む場合は、代替食品としてペプチドミルクを飲みましょう。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

牛乳アレルギーの療法は2通り

1つは、アレルギーの出る食材を徹底除去(一切食べない)。
2つ目は、アレルギーを抑える薬を飲みながらアレルギー食材を食べていくもの。

 

どちらかといえば、家庭で気軽にできる徹底除去を選ぶ人が多いのだそう。

 

ただ、他の食材で補わなければ栄養が偏ってしまうので、代替食品を利用すればその辺の悩みは解消します。

 

牛乳の成分といえば、タンパク質とカルシウム。

 

ですのでこれらの成分をなるべく多く含む食材を食べさせるようにしましょう。

 

病院の先生のお話では、多少、アレルギー値が出ていても食べて大丈夫なものが徐々に増えてくるから少しずつ、進めると良いとのこと。

 

試して蕁麻疹などの症状が出た場合は、半年ぐらい期間をあけてから、また、食べさせるように。

 

アレルゲンは生の状態が一番多いので最初は、ヨーグルトなどの発酵食品から初め、加熱したもの、最終的には生牛乳が飲めるようになったら大丈夫!!アレルギー克服ですね^^

 

 

 

 

 

その他、牛乳アレルギー関連コンテンツ

 

牛乳アレルギーとは

 

オススメのミルクは?

 

乳化剤は大丈夫?

 

乳酸菌は大丈夫?

 

ヤクルトは飲んでも大丈夫?

 

牛乳を加熱すれば飲んでも大丈夫?

 

牛肉は大丈夫?

 

脱脂粉乳は大丈夫?

 

ヨーグルトは食べて大丈夫?

 

乳糖は大丈夫

 

豆乳は飲めます

 

牛乳アレルギー治療

 

牛乳アレルギー症状