居酒屋で吐くのは酒じゃなく中国産のせい?!

安くてツマミの種類も豊富な居酒屋チェーン店はサラリーマンの憩いの場。 でも居酒屋はもちろん外食業は中国産食材だらけ。とにかく外食産業でのし上がるには価格戦争に勝利すること。だって消費者は安いほどいいんですから。でもその安さのツケは健康と寿命で払っているんですよ? 居酒屋で使われている中国産の野菜の種類は結構なもの、とくに多いのは「タマネギ」「長ネギ」「ホウレンソウ」「ニンジン」「豆類」。スーパーでは売れない「中国産」は外食産業で大いに使われています。なんてったって産地表示義務がありませんからね。 居酒屋チェーン店で食べているほとんどのメニューはすでに中国の工場で調理加工されてあとは焼くだけ揚げるだけ盛り付けるだけのメニュー。 まあ常日頃、居酒屋チェーンを利用する男性のほとんどは健康を気にする人は少ないと思うので中国産だろうがなんだろうが、「食べられればいい」という考えの人も多いだろうが、「中国産に殺されるくらいならもっといいところで呑みなよ」と私は言いたい(`・ω・´)

↓安全食材はこちらから↓