カリフラワーの冷凍保存方法

 

カリフラワーの冷凍保存方法ワンポイントアドバイス

カリフラワー

国産有機無農薬アトピーアレルギー食品宅配

 

 

実際に利用したり、試したりして良かった順でランキングしてみました♪

安くて便利!野菜宅配・比較へ


カリフラワーはちょっと放っておくとすぐに、つぼみが開いて味が劣化しますので、本来、冷蔵庫で保存するよりも、冷凍保存のほうが美味しく保存できます。

 

まずはタップリ沸騰したお湯に一つまみの塩を入れ、固めに塩茹でしたらざるにあげます。
粗熱が取れたら水気をよく拭き取ります。このとき、水分が多いと冷凍したときに細胞が壊れすぎて旨みが逃げますし、霜も原因にも。

 

次に小分けにしたら(茹でる前に小分けしてもOK)冷凍用保存袋に入れたら冷凍庫へ。このとき、金属トレーがあればその上で急速冷凍した方が、旨みが残ります。金属トレー自体、100円ショップでいくらでも売っているので購入して置きましょう。

 

急速冷凍は基本的にどんな食材でも、旨みを残すことが出来ますので買っておいて損はないですよ。

 

保存期間の目安、冷凍の賞味期限は約1か月、サラダで食べる以外にもシチューに入れたり、炒め物に混ぜても結構いけますよ。

 

汁物ならば、冷凍のまま入れればいいし、炒め物の場合は電子レンジでチンしてから使うと良いでしょう。

 

以上、美味しいカリフラワーの冷凍保存方法のコツでした^^

 

 

・カリフラワーの下ごしらえ方法

 

・カリフラワーの保存方法

 

・カリフラワーの冷凍保存方法

 

・新鮮で美味しいカリフラワーの選び方

 

カリフラワーの冷凍保存方法関連ページ

カリフラワーの保存方法
料理は下ごしらえが大事。カリフラワーの保存方法のコツ
新鮮で美味しいカリフラワーの選び方
野菜は目利きが大事。新鮮で美味しいカリフラワーの選ぶ方法のコツ