小麦アレルギー

 

小麦アレルギー

食物アレルギーには、小麦を主原料としたアレルギーがあるのはご存知でしょうかと思います。

 

卵、牛乳、小麦は3大アレルギーと言われ、厚生労働省により「特定原材料」として表示義務付けされている5品目のうちの1つとされるぐらい、注意が必要となる食べ物。

 

摂取した時に起こるじんましん、湿疹などのアトピー性皮膚炎。また運動誘発性のアナフィラキシーショックなどであり、小麦を食べた後に運動することで発症する症状で死にいたることもある恐ろしい症状なんです。

 

しかし食物アレルギーは乳幼時期に多いですが通常、成長するにしたがって耐性ができ9歳くらいには8割の人がアレルギーを克服すると言われ、小麦は3歳ぐらいの時に耐性が出来るといわれています。ただナッツ類、魚介類は耐性が出来にくいとされています。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

 

小麦アレルギーはなぜ起こるの?

人の血液内のIGE抗体(免疫グロブリン)と小麦タンパクが結合し、肥満細胞を刺激して急激な血圧低下を引き起こします。このとき呼吸を困難にするアナフィラキシー・ショックを引き起こします。小麦を食べなきゃ問題ないのですが、問題があるとすれば、小麦を含む食品が多すぎる点にあります。

 

パン、めん類、菓子類、その他加工食品に多く含まれており、とくに子供は家庭内で気をつけていても、給食で口にしてしまい死にいたることがあり、周囲の認知も重要となってきます。

 

 

 

 

 

小麦アレルギー関連コンテンツ

 

小麦アレルギーとは

 

小麦アレルギーに片栗粉は大丈夫?

 

小麦アレルギーでも食べられるお菓子

 

小麦アレルギーはビール飲める?

 

小麦アレルギーで麦茶は飲めるの?