マンゴーアレルギー

 

マンゴーアレルギー

果実アレルギーは牛乳、タマゴ、小麦に次いで強い食物アレルギー。マンゴーそのものや、マンゴー入り加工品などを摂取することで症状が現れるマンゴーアレルギーというものがあります。

 

マンゴーはウルシ科の植物で、かぶれを起こす果物として有名なのです。触っただけでもかぶれてしまう「接触皮膚炎」もあり、口腔内に激しい痒みや水疱が出来たりします。

 

果実アレルギーは年々増えてきているとされ、その原因は化学肥料や化学農薬の残留ともされています。

 

1度マンゴーアレルギーを発症した人は、2度目以降の摂取で症状がより強く出る可能性が多いため、摂取は避けたほうがよさそうです。特に完熟しているものはよりアレルギー反応がでやすい。マンゴーでアレルギーが出た人は、ウルシ、ギンナンでかぶれることがあります。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

ゴム(ラテックス)アレルギーの方は、マンゴーアレルギーかも!?

ゴムの原料となるラテックスという樹の樹液に含まれるタンパク質がゴムアレルギーを発症させています。このラテックスとマンゴーに含まれるタンパク質は酷似しているため、

 

ゴムアレルギー=マンゴーアレルギー

 

どちらも症状がでるという人も多いのだそう。

 

 

 

 

野菜・果実アレルギー関連コンテンツ

 

野菜アレルギーの可能性がある野菜種類

 

果実アレルギーは卵、牛乳、小麦に次いで多い

 

りんごアレルギー

 

キウイアレルギー

 

ばななアレルギー

 

マンゴーアレルギー

 

オレンジアレルギー