りんごアレルギー

 

果実アレルギーは卵、牛乳、小麦に次いで多い

果実アレルギーは牛乳、タマゴ、小麦に次いで強い食物アレルギー。りんごそのものや、りんご果汁入り加工品などを摂取することで症状が現れるりんごアレルギーというものがあります。

 

実はこのリンゴ、厚生労働省により「特定原材料に準ずるもの」として加工食品に含まれる場合、表示の記載を推奨している20品目の中に含まれています。

 

果実アレルギーは年々増えてきているとされ、その原因は化学肥料や化学農薬の残留ともされています。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

体に現れるアレルギー症状

 

青森県民、驚愕のりんごアレルギーの症状は、くちびる、舌、のどなど口腔内の痒みや腫れ、体にじんましん、花粉症のような目鼻に症状、吐き気、腹痛、下痢、喘息、アナフィラキシーショック。

 

ただ、りんごアレルギーは生リンゴによって起こり、加熱済みのジュースやジャムで起きないことが有りますが、触らぬ神に祟りなし、りんごアレルギーだとわかっている場合は食べないようにしましょう。

 

リンゴを食べていないのに同じ症状が出たら!?

 

リンゴと共通のアレルゲンを含んでいるモモ、サクランボ、洋ナシ、ナシ、スモモ、アンズ、イチゴ、ウメ、ビワなどの果実は、リンゴを食べた覚えが無いのにアレルギー症状が発生する可能性があるため自分が本当に食べてよいものか、どうかを徹底的に調べることがアレルギー回避においてもっとも重要なことです。

 

 

 

 

野菜・果実アレルギー関連コンテンツ

 

野菜アレルギーの可能性がある野菜種類

 

果実アレルギーは卵、牛乳、小麦に次いで多い

 

りんごアレルギー

 

キウイアレルギー

 

ばななアレルギー

 

マンゴーアレルギー

 

オレンジアレルギー