たまごアレルギー

 

タマゴアレルギー

食物アレルギーには、たまごを主原料としたアレルギーがあるのはご存知でしょうかと思います。

 

卵、牛乳、小麦は3大アレルギーと言われ、厚生労働省により「特定原材料」として表示義務付けされている5品目のうちの1つとされるぐらい、注意が必要となる食べ物。

 

摂取した時に起こるじんましん、湿疹などのアトピー性皮膚炎。また運動誘発性のアナフィラキシーショックなどであり、たまごを食べた後に運動することで発症する症状で死にいたることもある恐ろしい症状なんです。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

ほとんどの場合、9歳までには、食物アレルギーは無くなる

食物アレルギーは乳幼時期に多いですが通常、成長するにしたがって耐性ができ9歳くらいには8割の人がアレルギーを克服すると言われています。ただナッツ類、魚介類は耐性が出来にくいといわれており、大人に成長してもアレルギーを持つ人も大勢います。

 

ですので、子供にアレルギー反応が出ても成長とともに治っている可能性があり、いつの間にか食べても平気になっていることもしばしば。ただ、食べさせる前には病院でアレルギー検査をしてからの方が安全でしょう。

 

 

 

 

卵アレルギー関連コンテンツ

 

たまごアレルギーとは

 

たまごを使用した食材

 

たまごアレルギー治療

 

たまごアレルギーと赤ちゃんの関係

 

たまごアレルギー症状