たまごアレルギーと赤ちゃんの関係

 

タマゴアレルギー

たまごアレルギーというのは、母乳から離れ、離乳食を与えたときに体に出来た湿疹などで気づく人も多いと思います。

 

赤ちゃんは、消化器官も弱く、免疫抗体が少ない状態。たまごのたんぱく質に含まれるアレルゲンに対して耐性が低いので、主に幼少期に多いとされています。

 

症状は全身に赤いボツボツ、痒み。赤ちゃんが卵アレルギーになってしまうと治療が大変、とりあえず体内から卵の成分を抜けるのを待たなくてはなりません。まだ母乳を与えている場合は、お母さんも卵やそれを含むものを食べられません。

 

たまごはいろんなものに使われているので、それを完全に避けながら母乳を与えなければならないというのは、結構大変なことなのです。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎とは?

赤ちゃんが様々な刺激を受けて湿疹をおこす病気、「アトピー性皮膚炎」は親のどちらかに、アレルギー性があると赤ちゃんも引き継いで、アトピー体質になりやすい。

 

そんなアトピー発症の原因は、卵や牛乳など食物によるものが一番多く、次にハウスダストやダニなどが原因として可能性が高くなります。

 

症状としては、頬や口のまわり、耳の下、首まわりなどにかゆみの強いぷつぷつができ、時としてジュクジュクしたりします。

 

赤ちゃんが一歳を過ぎるころには、カサカサ乾燥肌になることが多く湿疹の出来る場所も、手や足へと広がってきます。

 

赤ちゃんの卵アレルギー治療方法

治療の前に予防の知識から。乳児のうちは卵を控えるようにしましょう。同時に小麦、ミルクも控え、もっとも安全な母乳育児がベスト。

 

自宅で出来るたまごアレルギーの治療方法としては、「除去食」といって卵を含む製品を徹底的に食べないようにすること。ちょっとでも食べてしまうと、1からやり直しです。

 

ただし、栄養が偏らないように代替食品で栄養を補うようにしましょう。6歳を迎える頃には、80%以上の子供がたまごアレルギーが自然と治ってしまいます。

 

 

 

 

卵アレルギー関連コンテンツ

 

たまごアレルギーとは

 

たまごを使用した食材

 

たまごアレルギー治療

 

たまごアレルギーと赤ちゃんの関係

 

たまごアレルギー症状