たまごアレルギー症状

 

タマゴアレルギー

食物アレルギーでもっとも気になるのが、食べてしまってからの発症症状と症状が治まるまでの時間ではないでしょうか?

 

これに関していえば、たまごアレルゲンの強さと、本人の耐性で、個人差がかなり出るので一概に例を挙げづらいものですが、強ければ、食べて数分で呼吸困難や蕁麻疹、アナフィラキシーショックを起こす場合もあるということを念頭に入れて置きましょう。

 

軽い症状ですと半日〜数日後にちょっと湿疹が出るくらい。

 

ただ、命に関わることですので決して軽く考えてはいけません。安易に食べさせないように。9歳までには大抵のアレルギーに耐性が出来ますので、食べさせる前には必ず病院で検査を受けてください。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

母乳にたまごアレルゲンが含まれるかチェックも大事

乳幼児の場合、アレルギーの検査は生後4ヶ月頃から検査できますが年齢に及ばない時期にたまごアレルギーの疑いが出る場合があります。

 

授乳中に卵アレルギーが気になる場合は、母親がいつ卵を食べて、どのようにアレルギー症状が出たかをメモしておくといよいでしょう。

 

たまごに限らず、小麦、牛乳などのアレルギーは3、4歳くらいでかなりの子供に耐性が出来、9歳までには80%以上の子供がアレルギーを克服するといわれています。大変でしょうが、アレルギー免疫が出来るまで頑張ってください。

 

 

 

 

卵アレルギー関連コンテンツ

 

たまごアレルギーとは

 

たまごを使用した食材

 

たまごアレルギー治療

 

たまごアレルギーと赤ちゃんの関係

 

たまごアレルギー症状