たまごアレルギー治療

 

タマゴアレルギー

卵アレルギーの治療は、原因となる卵アレルゲンを身体から完全に除去することが基本です。完全除去というの卵を食べない、卵を含む加工品も食べない。体内からアレルゲンが自然と抜けるまで待つという方法です。

 

ただし自力でやろうとはせずに、主治医の指導の元、実行することをオススメします。栄養不足になりやすいですからね。

 

たまごに代わる栄養をそのほかの食品で補う必要がありますが、近年ではアトピー・アレルギー対応食品が充実しているので、それらを利用するのが手っ取り早いと思います。

 

たまごアレルギーは主に小さい子供に多いアレルギーですので、親や兄弟と違う食事やおやつを食べるというのは、本人にとってショックなもの。アレルギー対応食品を家族みんなで食べることによって疎外感、孤独感もなくなります。

 

 

 

安全食品が8,000商品!

 

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。

 

『らでぃっしゅぼーや』の特徴


 

アレルギーだからって神経質になりすぎてはダメ!

食物アレルギーは、食べさせてみて症状がでたら、病院で検査するのがいいと思います。

 

アレルギーの検査自体、精度は4割程度。ですので、あまり信用できないもの。

 

検査の結果、数値が低くても出る人は出ますし、数値が高くても何ともない人もいますので食べられるようであれば食べさせるのに越したことはありません。アレルギー自体、幼少期に治ってしまう人がほとんど、大人になっても引きずっている人は極少数。

 

本当は食べられるのに、将来的に好き嫌いが多い子供になるそうです。食は命そのものといっても過言ではないので、長生きできるようにしっかり栄養のある食事を取ってもらいたいところですよね?ですので軽い症状ぐらいなら食べさせたほうが良いのです。

 

 

 

 

 

卵アレルギー関連コンテンツ

 

たまごアレルギーとは

 

たまごを使用した食材

 

たまごアレルギー治療

 

たまごアレルギーと赤ちゃんの関係

 

たまごアレルギー症状