炭水化物や脂質を減らしても痩せない原因

ダイエットのため、主食である米やパンなどの炭水化物を食べない、あるいは肉や油を極力摂取しないようにしても

 

  • 全然、痩せない
  • 体重が減らない
  • むしろ太った

 

などと言う人もけっこう世の中多いようです。たしかに脂肪やたんぱく質は、身体に吸収されて太ってしまう原因になりますが、痩せるためにはある栄養素が大切なのです。

 

それは「ビタミン」と「ミネラル」

 

 

ビタミンには、脂肪を燃焼させる「代謝作用」を促す栄養素。 ミネラルにも同様に代謝機能を支えるダイエット成功には絶対に欠かせない栄養素なのです。

 

 

食べなきゃ痩せるという単純なものではない

ダイエットを失敗してしまう人の特徴として、「カロリーを気にするあまり、炭水化物や脂肪分はおろか、野菜なども控えてしまう」という点。

 

炭水化物や脂質を「薪(まき)」とするならビタミン・ミネラルは「火」

 

たしかにこれ以上「薪」を足さなきゃ増えることはないでしょうが、それだけでは暖炉にくべた薪は減りません、燃やさない限りは。

 

ビタミンとミネラルを摂取することで、無駄なカロリーと脂肪を燃焼させてどんどん減らしていきます。逆に言えばビタミン・ミネラルが豊富な野菜をしっかり摂らないと痩せにくいということが言えます。

 

 

肉や米は食べても痩せる!

もちろん脂質やたんぱく質の多い肉や炭水化物である米や小麦などを食べ過ぎては元も子もありませんが、バランスの良い食生活ならこれらを摂取しても、痩せることはあっても太ることはないはず。

 

最近では「炭水化物抜きダイエット」や「牛肉ダイエット」なんて流行っていますが、ハッキリ言ってバランスが極端で悪過ぎです。

 

そんな著名人をよくテレビで見かけますが、よくよく話を聞いていたら「そのダイエット方法でみんなが痩せた」、というわけではなく「当の本人である、一個人が痩せた」という体験談にすぎません。

 

 

今の時代、遺伝子から「この人は○○を食べても太らない」、「○○を食べると太りやすい」ことが遺伝子からわかるそうです。たまたま「その著名人にとって痩せやすい食べ物」がマッチングしただけのようにしか思えないのです。

 

それくらい食事バランスが悪く滑稽なのです。ダイエット情報で一番重要なのはどんな人でも痩せるメカニズムに沿った情報を提供すること。

 

 

確実に痩せたいならビタミン・ミネラルを野菜で摂る

「確実」なんていってますが、その辺は人の体質や食べた量などによって変わってきますので確実という言葉を使うのもどうかと思いますが、人体メカニズムを考えれば、野菜を摂ることで痩せやすいボディになるはずなのです!

 

  • ビタミンB6は、たんぱく質を
  • ビタミンB2は、脂質を
  • ビタミンB1は、炭水化物や糖質を

 

エネルギーに変えます。エネルギーとして効率よく燃やすことで余剰分が脂肪に変わりにくく、現在付いている脂肪の燃焼効果も期待できます。

 

同じく、ミネラルも代謝をサポートする作用がありこれも多く摂取するとさらに燃焼効率がアップ!健康的に痩せられる、しっかりと食べているのに痩せる体質になってきます。