中国産の魚介類がヤバい!

外食チェーン・レトルト・冷凍食品・プライベートブランドなど安くて便利!利用している人も多いのではないでしょうか?でも普通に考えて安すぎる理由をアナタは考えたことがあるでしょうか?

 

その安さの秘密は「人件費削減」・「大量仕入れ」・そして「中国産」一番のメディアの情報によれば中国産の魚介類はかなりヤバいらしいのです。

 

平成24年度厚労省の発表によれば中国からの輸入においていくつも違反事例が挙がっています。

 

水産物・魚介類による違反がもっとも違反が多く、工場から排水された「重金属類」、農地から「農薬」が流れ、さらに「糞尿」などで海や川は汚染されている。これら有毒物質が魚や貝、エビなどの魚介類が体内に溜め込み、それが我々の胃袋に入ると想像しただけでも吐きそうになります(゚д゚lll)

 

こんな中国輸入食品に要注意!

日本ではハマグリが絶滅危惧種に指定されたため、現在では95.8%が中国産、つまりほとんどの外食・レトルト・スーパーなどに陳列してあるのはナント中国、中国産なのです!

 

嫌な世の中になったもんです…(;´Д`)

 

1988年、中国からの輸入汚染ハマグリを食べた30万人以上の日本人がA型肝炎に感染した。毒性物質によって感染したA型肝炎の症状としては下痢や嘔吐、さらには頭痛まで伴う。

 

あれから26年、今ではさらに水質汚濁・土壌汚染・大気汚染が進んでいるので、もっと発がん性が強いなどの健康被害が多そうで外食やコンビニなど便利すぎるものに頼っていては長生きできないかも。

 

わたしたちが年寄りになる頃には「長寿日本」と呼ばれていた頃は伝説となっているかもしれませんね。

 

 

中国産輸入に多く頼っている食品一覧

 

中国から輸入が多い野菜(冷凍ふくむ)

ブロッコリー、ほうれん草、えだまめ、ねぎ、アスパラガス、ピーマン、にんにく

 

中国から輸入が多い魚介類(冷凍ふくむ)

うなぎ、はまぐり、はも、ウニ、イカ、タコ、ネギトロ、しめさば、しゃこ、たいらぎ、養殖むき身エビ、トラフグ(養殖)

 

中国産使用の可能性が高い加工食品

うなぎ・エビ・いか・タコ・牡蠣・さんまなど(かば焼き・フライ・天ぷらなど)、はまぐり(レトルトなどの加工食品)、ちくわ・ソーセージ(魚肉のねり製品全般)、かにカマ、ズワイガニフレーク、漬物類(タクアンなど)、水煮(レンコンなど)、レトルト(スイートコーンなど)、シロップ漬け(あんずなど)、米菓(あられなど)、小麦類(揚げパンやチヂミ、餃子など)、焼き鳥(とり・つくね串など)

 

中国から輸入が多い乾物

大根の葉、しいたけ、きくらげ、ぜんまいなどの乾燥加工品

 

中国産が使われている可能性が高い飲み物

ハトムギ、プーアル茶、野菜ジュース、ウーロン茶など

 

 

↓安全食材はこちらから↓