中国産食材の輸入品検査は適当

なにかと悪い印象のある中国産食品。でもいろいろな外食チェーン・コンビニ・スーパーなどで使われてるので、輸入の段階で厳しい検査されていて安全なんじゃないか?

 

安全?なにを寝言を…いやいや中国産だけではなく輸入品における検査は超適当ですよ!

 

 

まず輸入品の検査といっても2種類あるのはご存じか?

 

  • 国が行う、モニタリング検査
  • 民間で行う、自主検査(あるいは命令検査)

『なんだ、国と民間ダブルで検査しているじゃん!』

 

いやいやいや!それが実際に検査しているのは全輸入量のたかが1割程度、仮に違反を発見されてもすでに残りの9割は流通していてとっくに消費…すなわち我々の胃袋の中。手遅れです。

 

民間で行う検査の方はほぼ無いものと考えてよいですよ。腐ったものでもなんでも金になれば送ってくる連中なのですから。【人の健康や命<目先の金】

 

日本メーカーはちゃんとしている?いない?

輸入食品に頼っている日本の食品メーカーはみな口をそろえて「現地で厳しい検査を行っている」、だから大丈夫!としていて中国側に検査を丸投げ…自社で検査をしていないことがほどんど、というより検査したらどれだけ違反・NG食材が出てくるんでしょうかね?

 

皆さんは中国人がまともに検査していると信じていますか?

 

 

私は中国人・韓国人・そしてお金を借りようとしてくる友人がもっとも信じられません(;^ω^)

 

 

まあ、安かろう悪かろうを前提に中国産を使っているわけなんですから検査なんぞ最初っからいらんでしょ。食後、ちょっと具合が悪くなっても胃袋に入ったものの影響は基本的に分かりませんから。ようは死ななきゃやりたい放題なんですよ。

 

いまや日本の食品メーカーの思考はライバルよりも安く優位に立ちたい、コストを下げたいの一心。日本企業も地に落ちたものだ。

 

 

↓安全食材はこちらから↓